ダムのほそ道

広島県内(とその近県)のダムの訪問記録です。

広島103 太郎谷ダム

雨が降り続いて、ようやく晴れた2月最後の土曜日。
前々から航空写真を眺めて気になっていた地元の山中にポツンとある、三原市の上水目的でつくられた「太郎谷ダム」。

このダム、ダム便覧に掲載がなく、市のWEBページにもその諸元は記されておらず、果たして堤高15m以上の「ダム」なのかと疑問に思っていました。

市に問い合わせれば分かるのかもしれませんが、市内だし行ってみたら諸元の表示などの情報が得られるかも…と好奇心×節約で行ってみました。(2024.2.24訪問)

地理院地図で見るとこんなダムです。貯水池だけ見るとまあまあな規模がありそうです。r55から太郎谷川に沿って龍王山に続く登山道を行くことになります。

登山道の入口辺りまでは自宅から車で10分少々ですけど、せっかくなので三原駅から路線バスに乗ってみました。駅から15分で「太郎谷」バス停に。長年住んでてこのバスに乗るのは初めて。

県道から山側に入ったところ。実はこれ旧山陽道です。

一見会社の敷地かと思ってしまいますが、ここがダムへ続く道の入口。そのまま歩いていきます。

砂利道の先は本格的な山道に。太郎谷川のせせらぎを聞きながら進みます。

途中、分かれ道があってピンテの方に進むと天端へ、川沿いに進むとダム下に着きます。まずは天端から。迷うような道ではありませんが、ここから先はごろ石が多いのとイノシシの堀跡が多いのとでなかなか歩きにくかったです。

山道に入って25分。視界が開けてコンクリートの壁が見えてきました!

太郎谷ダムの天端に到着!思ったより細い天端。

ほぼ垂直の下流面。砂防ダムみたい。感覚的に15m以上ありそうですが。

天端は途中で切れて、自然越流式になっています。

3兄弟といった並びの取水操作部。点検用の足場もついていて、のぞき込むとお尻がムズムズしてきました。(危険なので下りてはいません。)

上流面。上流側の方が傾斜が緩いような???

ダム湖。雨が続いた割に貯まっていませんでした。

諸元とかダム湖名とかもしかしてこの看板に書いてあった? 残念ながら解読不能


ダム下に来てみました。こうしてみるとれっきとした重力式コンクリートダムですね。

天端から見えていた謎の構造物。建設時の物か、管があるのでダム設置前の取水設備か。

堤体下部の維持放流部と思われます。この馬蹄形がレトロでいいです。

減勢工はこの水叩きだけ。

H30の豪雨災害で沼田川ポンプ場が被災して三原市内が断水した時に、中之町地区は一足早く水道が復旧しました。この太郎谷川を含む和久原川水系が沼田川からの給水系統と別系統になっているためです。太郎谷ダムがつくる貯水池が一役買ったのでしょう。

諸元については、三原市に問い合わせてみることにします。

広島102 門前池

広島県内のダム便覧未掲載ダムめぐり。
番田池から福山市北部へ移動し、以前にも訪れた雨木池(これはダム便覧掲載ダム)のさらに奥(北)にある門前池へ。(2024.2.11訪問)

所在地は、福山市駅家町雨木。蛇円山の登山口に駐車スペースがあるので、ここに車を停めて歩きます。

堤高15.6m 灌漑用アースダム。令和2年に特定農業用ため池に指定されています。

天端です。記念碑のようなものは見当たらず、池の名を記した碑があるのみ。裏に大正四年と刻まれており、竣工年と思われます。

階段状の取水孔。トゲのある植物が伸びているので下りるのはやめておきます。(以前に刺さってひどい目に遭った)

洪水吐。こんなに藪化してて大丈夫?

洪水吐からの放水路。落葉の積もり具合から長いこと水は流れていないようです。

上流面は上部のみコンクリで補強

天端からの風景。今日見てきた柚の木池、番田池と違って、眼下に田畑がひろがっています。

堤体を横から

少し離れた位置から。堤体の下の方は石積みで固めてあります。

天端脇の個人宅のものですが、淡いピンクの梅の花が咲いていました。バックは池が映るはずですが、農閑期で水位を下げており、御覧のとおり。

r419から続く服部大池~雨木池~門前池は春に訪れたらのどかなため池らしい風景が楽しめそうです。

広島101 番田池

ダム便覧未掲載ダムの発掘。柚の木池の次は、福山市神村町にある番田池(2024.2.11訪問)

堤高20.4mの灌漑用アースダム(R2 特定農業用ため池指定)
Q地図では竣工年不明となっていますが、国土地理院の航空写真では、1947年の段階で存在を確認できます。

R2赤坂バイパスを神村西ICで下りてすぐ。テニスコートを奥に進むと

そのまま天端になります。

一周200mほどの小さな池。

一応点検用ボートがあるみたい。

この上流面に限らず全面コンクリになっています。

階段状の取水孔。これがあるということは現役稼働中ですね。

小さくて細い洪水吐と放水路。この規模の池ならこれで足りるということか。

天端からの眺め。眼下すぐに赤坂バイパス。見にくいですがトラック駐車場の向こう側にも小さな池があります。

洪水吐からの放水路。小さいながらもバッフルピアが設けてありました。

国土地理院の航空写真を見ると、1980年代にバイパスができるまでは、池のすぐ前まで段々畑(または棚田)があったようです。バイパスができた際に、池の前のこの道路も整備され、堤体が途中でカットされたような形になったと思われます。

バイパスを行き交う車の音が絶えず響いています。往時はきっとのどかな風景が広がっていたのでしょう。

 

 




岡山県訪問ダム一覧

2024年2月現在
【あ】
青野ダム
旭川ダム
泉谷池
一の谷池
有漢池
大池
大竹ダム
尾坂池
小阪部川ダム
※奥津発電所貯水池(ダムではありませんが)
落合ダム
鬼ヶ岳ダム
小原池
恩木ダム
恩原ダム (再訪)

【か】
香々美ダム
河平ダム
草月ダム
黒木ダム 
黒谷ダム
黒鳥ダム
河本ダム
極楽寺池

【さ】
坂根堰
昭和池(井原市)
昭和池(津山市)
昭和池(新見市)
新池
新成羽川ダム
陶奥池
杉谷池

【た】
大正池(井原市)
大正池(総社市)
大正池(新見市)
第2星田ダム
高瀬川ダム
竹谷ダム
田原ダム
千屋ダム
津川ダム
天神山池
同道大池
苫田ダム
苫田鞍部ダム

【な】
楢井ダム
鳴滝ダム

【は】
八塔寺川ダム
日笠ダム
日古木大池
樋の内池
日山ダム
百間川河口水門(昭和水門・平成水門)
舟木谷池
星田池

【ま】
槙谷ダム
三室川ダム
美和池
明治ダム

【や】
社口ダム
矢谷池
湯野ダム
湯原ダム
横尾池

【ら】

【わ】
和意谷池

広島100 柚の木(ゆのき)池

2022年春に広島県内のダム便覧掲載ダムを全踏破してから、次はダム便覧に掲載されていないダムを巡る、と宣言しておきつつも、1基しか行っておりませんでした。

どうしてもため池ばかりになり、訪問しやすい季節が限られるのと県外には訪れたい大きなダムがたくさんあったのとで後回しになってしまい。。。

…というわけで、久々に近場の新規ダムです。
最初は、福山市高西町川尻にある柚の木池です。(2024.2.11訪問)

堤高15.5mの灌漑用アースダム。とはいっても堤体は表面がコンクリートで固められています。2022年撮影のストビュー画像ではまだ土なので最近施工されたのでしょう。

下1.5mは石積になっています。

底樋出口工と思われます。河川は暗渠になっているようです。
堤体の上に上がってみますと・・・

天端の上流側に水がありません! というより、そもそも池にすらなっていません。

池のあるはずの場所がグランドに!?
・・・といってもこれは、Googleの空撮画像で予習済み。

このように元の池の2/3ほどが埋め立てられてグランドになっているのです。

国土地理院の過去の空撮画像では、2013年(左)ではまだ池がありますが、2016年(右)は埋め立てられているので、この間に埋め立て工事が行われたようです。

一応、上流面、ということになります。コンクリブロックで覆われています。この間に西日本豪雨がありましたが、色が変わっていないので、常に水位は低いままなのでしょう。

小さいながらも洪水吐。

底樋への取水口。石を積んで土砂の流入を防いでいます。

斜樋などは見つからず、灌漑用としてどの程度使われているのか不明。

天端から下流を見渡す。農地はほとんどなく、灌漑用というより洪水調節用の調整池になっているのではと思われます。

古くからのため池では時々見かける祠。かつてここがため池であったことを知らせてくれます。

この柚の木池でもって、広島県内の訪問ダムは100基となりました!
遠方ばかり行くのは時間もお金も大変になってきたので、ぼちぼち近場も開拓していきます。

 

近畿3 立ヶ畑ダム(兵庫県)

せっかく神戸に来たので、もう1基行けないかと訪れたのが立ヶ畑ダム。(2024.2.9訪問)


立ヶ畑ダムへの最寄りは、市バスの夢野町2丁目か石井橋ですが、慣れない街で路線バスに乗るのは億劫だったので、地下鉄の湊川公園駅から約2km歩きました。

上水目的、1905年竣工の日本で4番目に古い重力式コンクリートダムです。

布引五本松ダムにはなかったクレストとローラーゲートが設けられています。アーチとゲートの錆び具合がいかにもレトロでいいですなぁ。

微妙にカーブしている堤体。でもアーチ式ではありません。

天端も歩ける親切設計。地元の方が何人かウォーキングしていました。

烏原貯水池。布引五本松ダム竣工の1年後には建設が始まっており、いかに当時の神戸への水の供給が急務であったかが分かります。

神殿みたいな取水設備。機能的には全く必要ないだろうが、こうしたデザインを施すところに意気込みを感じます。

ちなみに「養ひて窮まらず」と読み、中国の古典からとったもの。ドアの紋章はなんだ?

下流を見下ろすと、何やら迷路のような減勢工が。

石積の堤体。布引…のような歯飾りはないが、クレストのアーチがかっこいい。しかし、残念ながら正対できるスポットは立入不可。

そのかわり右岸側では堤体に触れることが可能。しばしひんやりした石に手を当てて120年の歳月を感じていました。

このダムも近代化産業遺産に登録されています。

ダムの下流側を散策しているとかつて使われていたダム下へ通じる橋がありました。この橋も近代化産業遺産。現在は渡ることはできません。

さてさて、今回は布引五本松にしても立ヶ畑にしてもかなり歩き回って、11時半にしてお腹が空いたため、立ヶ畑ダムから下りた所の「わ河馬」で淡麗塩チャーシュー麺をいただきました。あっさりしたスープにコシのある麺が美味!

ということで、この日の神戸でのダム活はここまで。午後からは別の用件でまた歩き回りました。。。

 

布引五本松ダムへの道

ところで、新神戸駅から布引五本松ダムに向かうハイキングコースの道中には、いろいろ興味深いものがありましたので、ここに記録しておきます。

ハイキングコースは新神戸駅の1Fから効果の下をくぐり、駅の北側に出たところからスタートします。人口150万の都市の新幹線駅近くとは思えないひっそり感。

スタートするとすぐに明治30年竣工の水道橋、砂子(いさご)橋を渡ります。レトロなレンガの高欄にこの先への期待感が増します。

少し進むと雌滝取水堰堤があります。布引五本松ダムとともに明治33年につくられました。よくみるとアーチ状の出口工が2回に渡って造り直されていることが分かります。
上側3か所の穴は、かつての制水弁からのパイプの跡です。

取水堰堤のそばの施設。ドーム型の石造りの屋根。日本ではないみたい。

所々設けられた落差工も石積。風情があります。


名所の一つとなっている布引の滝。観光客向けに、水量が少ない時は布引五本松ダムから放流しているらしい。それならテーマパークなどの人工の滝とさほど変わらないのでは、と思う自分はひねくれている?

ハイキングコースの舗装の一部が剥げて、埋められているダムからの送水管がむき出しになっています。僕としてはこういうものが見られるのはありがたい。

展望台からの神戸の街の眺め。架線はロープウェイのもの。帰りは乗ろうかと思ったのに2月中旬まで点検のため運航休止とのこと。ロープウェイは眺めが良さそう。

ダム下すぐわきにある、ダムからの放水路。といってもここは天然の岩のまま。溢水した時だけ滝になるので「五本松かくれ滝」と呼ばれる。

ダムへはロープウェイや車でも行けますが、ハイキングコースはいろいろ珍しいものがあるので、可能なら徒歩がお勧めです。(途中に休憩所、トイレもあり)